改善された韓国天気予報

気象庁は、予報が外れると、「これは天災だ」という弁解をしていたと言います。

そののち、気象庁が「2007年気象観測施設等級評価」を行ったことにより、前に述べた観測所の場所が適切でないことが分かったのです。
そして、江原道内にある158の観測所のうち、60か所もが、改善または調整が必要とされました。

改善、調整が必要とされた60か所は、全体の観測所の39パーセントに当たります。
残りの91か所の評価は普通で、優秀と判断されたのは7か所にすぎなかったそうです。
優秀の上には最適という等級がありますが、その等級を受けたものは1つもなかったということでした。

気象庁の予報が外れたことで出た損害額は、最近10年間で31兆4500億ウォン(約2兆3000億円)と言われています。
これらを受け、2008年の10月末からは、邑・面・道単位で予報を出す「町の予報」制度という制度を新しく行うことになりました。
韓国の天気予報に対して、日本の天気予報はどうかというと、日本では、民間で天気予報を行う会社が増えたことで、天気予報の競争が行われるようになりました。

その競争により、正確で迅速な予報を出すことができるようになっているようです。


……この記事の全文をみる





【関連ページ】

当サイトについて
【韓流ドラマ・スター辞典】へようこそ
韓流・韓国発のNHKドラマや映画、スターや俳優などのプロフィールや情報を扱うブログサイトです。もちろん四天王や東方神起の情報や韓流グッズ、バザールショップ、フェスタ、などの情報もたくさんリサーチ。韓国の国際電話の国番号などの豆知識も♪
スポンサードリンク
提携リンク