韓流四天王とはペヨンジュン、チャンドンゴン、イビョンホン、ウォンビン

韓流四天王とは、韓国の俳優であるペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、イ・ビョンホン、ウォンビンの事です。
ただ、この4人の俳優を韓流四天王として、取り上げているのは日本だけ。
他の諸外国では勿論、本国である韓国でも4人の事を韓流四天王と呼ぶ事はありません。

韓流四天王という言葉が生まれて日本に定着したのは、日本側に原因があります。
もともとTVドラマや映画、あるいは音楽やアニメなどといったカルチャーは、日本から韓国へ紹介される作品がほとんどでした。
韓国で製作された作品が日本で紹介される事は、1970年代後半に韓国演歌が多少話題を呼んだ程度。
基本的には、韓国映画や韓国ドラマほとんど受け入れられていませんでした。

それが1988年にソウルオリンピック開催されたり、2002年にはサッカーのワールドカップが日韓合同開催になったりした事で、日本人の韓国への関心が高まり始めたのです。

そして2000年に日本で公開された韓国映画『シュリ』は、130万人の観客動員を記録。
韓国で製作される映画が、邦画と比べて何の遜色が無い事が認識され始めました。
その後映画業界では『JSA』や『ボイス』、あるいは『シルミド』などが公開されて人気を集めていました。

そして日本で韓流≠ニいう言葉が使われてブームを巻き起こしたのは、何と言っても2003年にNHKBS2で放映された韓国のTVドラマ『冬のソナタ』です。


……この記事の全文をみる





【関連ページ】

当サイトについて
【韓流ドラマ・スター辞典】へようこそ
韓流・韓国発のNHKドラマや映画、スターや俳優などのプロフィールや情報を扱うブログサイトです。もちろん四天王や東方神起の情報や韓流グッズ、バザールショップ、フェスタ、などの情報もたくさんリサーチ。韓国の国際電話の国番号などの豆知識も♪
スポンサードリンク
提携リンク