韓国領事館はビザ(VISA・査証)の発給や帰化申請の場合行く必要があります。ビザ(VISA・査証)の場合はパスポートと写真などを揃えて韓国領事館で発給を受けます。東京(麻布)だけでなく大阪、福岡、神戸、名古屋、横浜、広島、仙台、札幌…と各地にあります。


韓国領事館…ビザ(VISA・査証)発給(要パスポート)、帰化の申請など

帰化の場合から先にお話しましょう。

帰化の条件はいくつかあります。
まず、引き続いて5年以上日本に住んでいること第一の条件になります。
これは、5年間続いて、途切れなく日本に住んでいなければなりません。
しかし、もともと日本国民である人の子供で、3年以上続けて日本に住んでいる場合や、日本自分と父母が日本生まれで、3年以上日本に住んでいる人ならば大丈夫です。

ほかにも、日本人の配偶者を持つ人で3年以上日本に住んでいるか、結婚して3年以上になり、1年以上日本に住んでいる人、10以上日本に住むところがある人、日本人の子供で、日本に住むところがある人、元日本人で、日本に住むところがある人も条件を満たしているとみなされます。
また、養子の場合は法律では実子とくらべて審査が厳しくなりがちです。

日本人の養子であった人も1年以上続けて日本に住むところがあり、養子縁組の時本国で未成年だった人ならば認められます。

そして、第二の条件は20歳以上で本国法により能力を持っていると認められることになります。

第三は、善良な市民としての生活が送れているかどうかということです。
犯罪歴、交通法違反などがないかどうかチェックされます。

第四は、自分か生計がおなじ配偶者、その他の親族の資産か自分の技能によって生計を営むとこができるかどうかというところです。
つまり、自分か配偶者に、生活していける能力があるかどうかということになります。

第五は、国籍を持っていないか、日本の国籍を取ることによって元の国籍を失うことが必要になります。

第六は、日本の政府に対して暴力的行為をしたことがないこと、またそのような政党や組織、団体に入ったことがないことが条件になります。

第七は、日本語の読み書きができることが条件です。

これらの条件をすべてクリアーしていれば韓国領事館に帰化申請をすることができます。
韓国領事館に申請の手続きをしに行くことができない、やり方が分からないという場合は、帰化の申請をしてくれる行政書士に頼むことができます。


東京(麻布)・大阪・福岡・神戸・名古屋・横浜など各地に

では、韓国領事館は、いったいどこにあるのでしょうか。

東京には、韓国大使館、北海道には札幌韓国領事館、宮城県には仙台韓国領事館、新潟県には新潟韓国領事館、愛知県には名古屋韓国領事館、兵庫県には神戸韓国領事館、大阪には大阪韓国領事館、福岡には福岡韓国領事館があります。

そのほかにも、韓国総領事館というのもあるようです。
意外と場所によって領事館というものは対応が違ってくるようです。

あと、一国の領事館が日本の中にこんなにたくさんあるなんて…これも韓国と日本の歴史的関係が伺える感じがしますね。

さて、帰化以外にもビザ(VISA・査証)の取得の場合、領事館へいかなくてはいけません。

今ではたいていの場合はビザ(VISA・査証)が不要です。
以前、韓国に行くときにはビザ(VISA・査証)が必要な時代がありました。
それは、ごく最近までそうだったのです。
当時は、ちょっとした旅行の場合でも領事館までいってビザ(査証)を取得しないといけなかったのです。

今でも、90日以上の入国や営利目的の入国、あるいは帰りのエアチケットがないなどの場合はビザ(VISA・査証)が必要になります。
この条件は、韓国政府のその年の考え方によってしばしば変更されるので、直前の確認が必要ですね。
パスポートやカラー写真1枚(3.5×4.5cm)などの必要書類を揃えて、領事館へ行かなければなりません。
その際でも、全国にいくつかあるので他の国にくらべれば便利かもしれません。


スポンサードリンク
当サイトについて
【韓流ドラマ・スター辞典】へようこそ
韓流・韓国発のNHKドラマや映画、スターや俳優などのプロフィールや情報を扱うブログサイトです。もちろん四天王や東方神起の情報や韓流グッズ、バザールショップ、フェスタ、などの情報もたくさんリサーチ。韓国の国際電話の国番号などの豆知識も♪
提携リンク