韓流ブームとともに増える韓国旅行。そこで気になるのが韓国との時差ですが、実は日本と同じなのです。だからせっかくの旅行で時差ぼけなんてこともありません。


韓国と日本の時差はない、ってホント?

韓国の時差は、旅行や出張で韓国に行く場合に気になるところ。
実は、韓国と日本の時差はありません。
韓国には、アメリカのようにサマータイムで一時間時計を早めなくてはならないこともないので年間を通じて日本とあまり変わらない生活ができるでしょう。

韓国の時差を気にすることはあまりないかもしれませんが、若干日の出、日没が遅く感じられるかもしれません。
なぜなら、韓国は日本よりも西に位置しているためです。

日本と韓国の時差がないため、韓国にも日本と同じように四季があります。
期間は短いですが梅雨の時期もあるのです。
しかし、日本と全く同じ服装で行くのは少し不安が残ります。
韓国の方が寒暖の差が激しいので、その点をふまえた服を用意しましょう。

特に、冬はより暖かい服を用意しておく必要があります。

韓国ドラマが流行ったことなどから、韓国への人気と関心が高まっています。
そのため、韓国に行く人の割合も増え、韓国に関する情報サイトなども増えているようです。
韓国は、日本と韓国の時差もなく、日本と同じような気候のため、日本人にとっては過ごしやすいところと言えるでしょう。
いきなり海外に旅行をして、時差ボケを起こしてきつい思いをした人もいると思います。
海外旅行を計画することがあるなら、いきなり遠い国から始めずに、日本に近い国から始めて、海外に行くのに慣れていくのも1つの方法かもしれません。

日本と韓国の時差のように、時差のあまりないところの方が体は慣れやすいものです。



韓国時差なしだから旅行ツアーも気軽に

韓国ドラマにはまっている人にとっては、韓国へのツアーに参加してみることをおすすめします。

韓国へのツアーの企画として、韓国ドラマで使われたロケ地を巡る、というものがあるのです。
あの「冬のソナタ」で使われた撮影場所を巡るツアーは大変人気があったようです。

韓国は日本に近い国であるにもかかわらず、韓国ブームが起きる前までは話題性の少ない国のようなイメージがありました。

しかし韓国は、気候、風土、歴史、食文化において素晴らしいものを持っています。

日本でしか旅行したことがない、または日本のような落ち着いたところにしか行きたくない、という人でも、韓国に行ったら思っていたよりも楽しめたという話を聞くことができます。

しかしながら、食については注意しておくにこしたことはありません。
日本は世界の中でも清潔好きな国なので、外食をした際に食べ物に当たった、ということになったら、通常その店は営業停止処分になることでしょう。

しかし海外では日本と考え方もちがうので、食中毒はそれほど珍しいことではないのです。
生モノや水にはよく気をつけて、水はできるだけ水道水を飲まない、ミネラルウォーターを買う、などの工夫をしましょう。


スポンサードリンク
当サイトについて
【韓流ドラマ・スター辞典】へようこそ
韓流・韓国発のNHKドラマや映画、スターや俳優などのプロフィールや情報を扱うブログサイトです。もちろん四天王や東方神起の情報や韓流グッズ、バザールショップ、フェスタ、などの情報もたくさんリサーチ。韓国の国際電話の国番号などの豆知識も♪
提携リンク