韓流バザールは東京・東新宿・新大久保にある有名な韓流ショップ。はちみつを伸ばして作る「龍のひげ」が食べられるのは日本でここだけ。全国から地図を片手にファンがやってくる韓流バザール、韓国通を自称するなら一度はいくべき…。


韓流バザールではちみつ製の「龍のひげ」をゲット。

韓流バザールは、東京の新大久保界隈にある有名な韓流ショップです。

東京の大久保界隈には日本でも有数のコリアンタウンがあり、地元に住む在日韓国人のために韓国の日用雑貨や食材を扱う店、あるいは韓国風の屋台などコリア文化に触れられる東京の観光スポットして知る人ぞ知るエリアでありました。

それが、近年の韓流ブームに乗って、このコリアタウンを訪れる人も増えてきたわけです。
そんな韓流ファンが必ず訪れるコリアンタウンの中にあるお店が、「韓流バザール」なのです。

韓流バザールには、韓国の食材や日用雑貨、あるいは衣装や化粧品だけでなく、韓国の俳優のグッズ、あるいはCDやDVDを数多く取り揃えています。
店内は食材なら食材、化粧品なら化粧品と、カテゴリごとにわかりやすくエリア分けがされており、お望みの商品を簡単に見つけることが出来ます。
そんな韓流バザールにあって、今、最も人気なのは、やはり韓国の俳優やアイドルの最新情報が載っている韓国の雑誌や、毎月新作が発表される韓国のアイドル・東方神起のブロマイドや写真だそうです。
韓国で発売された新作CDも、韓流バザールあれば、発売日の数日後には店頭に並びます。

(ホームページはこんな感じ↓)
bazzar1.jpg

また、この韓流バザールの一角には、韓国の伝統菓子ヨンスヨム(日本語では「龍のひげ」という意味)≠実演しながら販売している「王様のお菓子−龍のひげ」が出店しています。
この竜のひげ=ヨンスヨムが食べられるのは日本ではこの韓流バザールだけですので、韓流バザールに訪れる機会があったら是非買っておきたいアイテムでしょう。
はちみつを手でのばして作る様子はなかなかおもしろいです。


JRなら新大久保、地下鉄なら東新宿、地図付きクーポン券を使うべし

そんな韓流バザールですが、通称「新大久保」と言いますが、住所的には新宿(正確には新宿区百人町)になります。
ですから、新宿駅からでも徒歩で行けるといえば行けるのですが、最寄駅となると、やはり大久保駅か、新大久保駅という事になります。
また、地下鉄の東新宿駅からも徒歩圏内です。
一番近いのは新大久保駅で、駅から200mほど歩いた職安通り沿いにあります。
200メートルといっても駅からすぐ見えるわけではないので、場所はあらかじめ地図で確認しておいたほうがよいでしょう。

また、韓流バザールに行くときに気をつけるのは、この界隈はあの新宿歌舞伎町からも近いので、特に夜間はあまり治安がいい場所だとは言えません。
韓流バザールは、平日は20時、週末ですと21時まで開店していますが、女性が行くのであれば、明るいうちに買い物を済ませて帰った方がいいしょう。

(ホームページには地図付きのクーポン券が)
   ↓↓↓↓
bzaar2.jpg


尚、インターネットの検索サイトで韓流バザール≠ニいうキーワードで検索すると、新大久保コリアンタウンの公式HPにある韓流バザールの紹介ページが上位に表示されます。
そのWebページに、3000円以上買った場合、5%OFFになるクーポン券を入手できます。
画面の指示に従って印刷するだけですから、韓流バザールに出かけるときには持っていくとちょっぴりお得です。
また、そのクーポン券のページには地図もついているので、そのままプリントアウトして持って行くとよいでしょう。


スポンサードリンク
当サイトについて
【韓流ドラマ・スター辞典】へようこそ
韓流・韓国発のNHKドラマや映画、スターや俳優などのプロフィールや情報を扱うブログサイトです。もちろん四天王や東方神起の情報や韓流グッズ、バザールショップ、フェスタ、などの情報もたくさんリサーチ。韓国の国際電話の国番号などの豆知識も♪
提携リンク