チャンヒョクのファンクラブ、ファンミーティング。

軍隊を除隊して芸能界に復帰後の2006年11月、韓国のソウルで、日本のファンとの初の公式ファンミーティングが行われました。
開催地がソウルであるにもかかわらず、なんと300人ものファンがあつまり、日本のメディア関係者も多く駆けつけました。
このファンミーティング、実は日本公式ファンクラブの設立を記念して、というものでした。
そころが、その後の動きはやや混乱をともなったものになります。
それまで、チャンヒョクを応援するブログはいくつもありましたが、日本公式ファンクラブのサイトは長い間ありませんでした。
そして、満を持してファンクラブサイトがオープンするとされた日付は2008年3月31日。
ところが、その日になって掲載されたのは以下の記述。

−−−−−−−−−−−−−−−
誠に残念ながら諸般の事情により、チャン・ヒョク日本公式ファンクラブは
オープンを取りやめることとなりました。
−−−−−−−−−−−−−−−

ただチャンヒョクを応援するファンサイトやブログはいろいろあり、韓国はもちろん、英語、日本語でも見ることができます。

さて、チャンヒョクはいて座ですが、その性格は、理性と本能を併せ持つところが特徴です。
いて座は束縛を嫌い、自由を愛するところがあります。
また、目的が定まると、なりふりかまわず矢のように突進していく性格でもあります。
そのため、突進しているときは周りが目に入らないため、他の人に迷惑をかけた言動をしていたとしても、本人はまったく気がつきません。
自分のいる場所にスピード感と自由、そして変化がなくては長くその場にいることができないでしょう。
いて座には2面性があることも特徴で、自由と快楽を楽しむ楽天家でありながら、生まれながらの哲学者でもあります。
人生での成功の秘訣は、この3つがそろっているかどうか見極めることにかかっています。
これがなければ、いて座の人が成功することは難しいと思われます。
チャンヒョクにとって、俳優という職業は、スピードと自由、変化に富んだ職業といえるでしょう。
芸能界という業界は、運と実力が両方揃って初めて芽が出る厳しい業界だと推測されます。
中途半端な役者は出てきてもすぐに消えていってしまいます。
このような変化の激しい、しかし自由に自分の可能性を試すことができ、なおかつスピード感にあふれた業界は他にあまりないのではないでしょうか。

……この記事の全文をみる





【関連ページ】

当サイトについて
【韓流ドラマ・スター辞典】へようこそ
韓流・韓国発のNHKドラマや映画、スターや俳優などのプロフィールや情報を扱うブログサイトです。もちろん四天王や東方神起の情報や韓流グッズ、バザールショップ、フェスタ、などの情報もたくさんリサーチ。韓国の国際電話の国番号などの豆知識も♪
スポンサードリンク
提携リンク