韓国語「ありがとう」「こんにちは」はきっと耳にしているはず…

韓国語の挨拶(あいさつ)は、けっこう日本でもよく知られています。
たとえば「カムサハムニダ」とか…
これは「ありがとうございます」という意味ですね。
「カムサ」=「感謝」、「ハムニダ」=「します」という意味です。

ところで、現在、韓国語を真剣に勉強しよう、と考える人は増加傾向にあります。
その理由は、やっぱり韓国ドラマが流行した事が大きいでしょう。
実際に韓国ドラマで使用されたロケ地に行ってみよう、というツアーがあったりして、韓国ドラマでしか韓国を知らないという人でも韓国を楽しめるようになっています。
また、アメリカやヨーロッパなどと違い、韓国は日本から近いので、行きやすいという特徴があります。

韓国語の挨拶(あいさつ)として一番よく知られているのは「アンニョンハセヨ」ではないでしょうか。
一度はテレビで韓国スターが言っているのを聞いたことがあると思います。
「こんにちは」と訳されますが、この言葉は、朝昼夜いつでも使うことができます。
こんにちは、というよりはご機嫌いかがですか、のような意味が近いかもしれません。
ハワイならば「アロハ」(?)あたるでしょうか。
また、「アンニョンハセヨ」と「アンニョンハシムニカ」は、同じ意味ですが、「アンニョンハシムニカ」のほうがきっちりした言い方になります。

砕けた言い方としては、「アンニョン」となりますが、砕けた表現のことを、パンマルといいます。

韓国は目上の人への敬意を非常に払う国ですから、目上の人には、パンマルを使うことは厳禁です。
日本語と韓国語との違いは、日本では尊敬の意味で謙譲語を使いますが、韓国では目上の人はもちろん、身内のことを話すときでも尊敬語を使うという点です。

語尾が「スムニダ」、「イムニダ」だと最高の敬語であるということになります。



……この記事の全文をみる





【関連ページ】

当サイトについて
【韓流ドラマ・スター辞典】へようこそ
韓流・韓国発のNHKドラマや映画、スターや俳優などのプロフィールや情報を扱うブログサイトです。もちろん四天王や東方神起の情報や韓流グッズ、バザールショップ、フェスタ、などの情報もたくさんリサーチ。韓国の国際電話の国番号などの豆知識も♪
スポンサードリンク
提携リンク